立教水

「立教水」の愛称で親しまれている立教学院オリジナルのミネラルウォーターが、この度リニューアルしました。

新しい採水地は山梨県山中湖村。富士山の裾野には七層にもおよぶ玄武岩層が広がります。富士山に降った雪や雨が、長い年月をかけて地下水になる過程で、この玄武岩に含まれるバナジウムが溶けだします。この天然のミネラルを豊富に含んだ原水を標高1000m地下100mの井戸より採水し、ろ過・加熱殺菌処理を行っています。清らかでまろやかな味わいをぜひお楽しみください。

※バナジウムとは、カルシウムやマグネシウムと同じミネラル成分の一種で、体内では合成できないため水や食品から摂取します。立教水には100mlあたり6.5μgのバナジウムが含まれています。

   
栄養成分
(100mlあたり)
エネルギー 0kcal
バナジウム(V)65μg/L
pH 7.9
ナトリウム 0.48mg/L
カルシウム 0.84mg/L
マグネシウム 0.3mg/L
カリウム 0.12mg/L
硬度 32mg/L(軟水)
賞味期限 24か月
内容量 500ml

立教ナチュラルミネラルウォーターは「軟水」です。

1000mlの水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。日本では一般的に、硬度が60mg/l以下が「軟水」、120mg/l以上が「硬水」とされ、立教水は「軟水」です。
「軟水」はミネラルが比較的少なく、口当たりがまろやかなのが特徴です。日本茶や紅茶、コーヒー等に使用すると、香りを引き出す効果があるといわれています。

お求めは池袋セントポールプラザ1階、キャンパス内自動販売機、立教オンラインショップにて。
販売価格:2400円(税込)・1ケース24本入り

収益の一部を東日本大震災復興支援に役立てています

昨年度の立教水支援金212,530円は、本学から陸前高田市立図書館へ書棚寄贈の経費の一部として活用させていただきました。
※寄贈書棚は旧図書館本館で利用していたものです。


メニュー
トップに
戻る